容チェック!IE9でページ容量の確認をしよう1

2013/02/25

こんにちわ!
週末にトラックボールが届いて、ますます変態っぷりに磨きがかかってるhosicameです。
あれだよ!?あれ!肩こりにいいから買っただけ!べ、別にフォルムがかっこよくて買ったわけじゃないんだからね!

さて、本題にうつります。
仕事の関係で主要ブラウザで容量チェックを比較してみたんです。
そしたら、各ブラウザごとに変わるもんですね。

大方、gzip圧縮の計算がされているものとされてないものの差だと思うのですが…それでも完全には合わないんです。ファイル容量の計算の仕方が違うのかな?詳しい方いましたら、是非教えて頂きたいです。

百聞は一見にしかずということで、前回の記事のページ容量を主要ブラウザで比較しました。
※Google Adsenseは外して計測
http://hosicame.com/web-developer-chrome.html

ブラウザ(Windows7) 容量/リクエスト数 計測方法
Chrome 190.96KB/55 スーパーリロード
Firefox 177KB/23 スーパーリロード
Opera 502.87KB/50 スーパーリロード
IE9 417.80KB/45 スーパーリロード
Safari 1.21MB/54 キャッシュを無効

どれもスーパーリロードもしくはキャッシュを無効にした状態で計測しています。
Safariのみ異様に多かったのですが、スーパーリロードとキャッシュを無効は性質も違うのでしょうか。リクエスト条件は同じなのかと思っていました。

ということで、ご覧の通りブラウザによって大きく変わってしまう結果になりました。リクエスト数も違ってて訳がわかりません。
容量のみ見れば、ChromeとFirefoxはgzip圧縮後のサイズで、OperaとIE9は未圧縮のサイズなのかと思います。

そういう訳で、開発しやすいFirefoxやChromeで容量計算していると、IEで痛い目を見ることになってしまいます。
日本ではまだまだIEのシェアが高いですからね。

この結果から、容量計測はIE9でした方がいいのではないかと僕は思いました。あくまでこの結果と国内のシェアを考慮するとです。

それでは次回の更新でIE9での実際の計測方法について解説します。

About me
hosicame
昭和61年生まれ。フロントエンドエンジニア。Autohotkey大好きな私がお送りします。

Recent Posts